家族葬なら馬場葬祭サービス

近年主流になった家族葬を含め、お得な葬儀プランを知識と共にご提案します。

経済不況の時代における葬儀のスタイルとしての家族葬

冠婚葬祭は小規模化する傾向にあります

経済的な理由から、結納や結婚式、披露宴を省略する地味婚があるように、ごく小規模な葬儀として家族葬があります。
バブル経済期には冠婚葬祭はどんどん派手になっていく傾向がありました。
それは冠婚葬祭もひとつの商品で商売道具だったからです。
競争するかのように派手な商品をどんどん発売したのです。
例えば、結婚式場の天井の高さほどもある砂糖菓子のウエディングケーキや、葬儀では漆塗りの棺や豪華な祭壇などがそのひとつです。
しかし、バブル経済が崩壊して以降は、冠婚葬祭はいずれも縮小傾向にあります。

デフレ環境下における堅実な冠婚葬祭事情

入籍だけで済ませ結婚式等は行いたくないというカップルも増え、しかし親の面子を立てなければならないといった場合に、ごく小規模な形式で親族のみの食事会で済ませるなどといったことも増えていますし、同じように葬儀もごく小規模に家族葬や密葬を生前に希望していたということも増えてきています。
一昔前には葬儀費用用の生命保険に加入するという人は多かったものですが、長引く経済不況により、そういった備えが出来なくなってしまった人も少なくはありませんから、家族の負担を最小限にしたいという考えも不自然なことではなく、時代の流れとも言えます。

お金をかけずに心をこめるお葬式が増えています

家族葬は一般的に、家族葬とは遺族や故人と親しかった友人知人のみが集まり、故人を偲び弔うという葬儀のスタイルです。
だから、大きな会場は必要ないですし、家族葬専門業者などの小さな会場であれば、一般的な葬儀の費用の半額程度で済むこともあります(参考:町屋斎場ご相談窓口)。
日本においては葬儀をしないというのは一般的ではありませんが、葬儀にお金をかけないということは悪いことではありません。
冠婚葬祭は気持ちの集まりです。祝うことも弔うことも気持ちが最も大切なことのはずです。
その気持ちは、規模や費用で決まるわけではありません。
たとえ故人が希望していなくても、遺族が納得できるスタイルで送ることが出来れば、それが最良なのです。

家族葬プラン記事一覧