家族葬なら馬場葬祭サービス

近年主流になった家族葬を含め、お得な葬儀プランを知識と共にご提案します。

家族葬とはそもそも何なのか、歴史的な背景

大きな葬儀は近代の産物でした

数年前に書店やテレビなどで取り上げられた話題の一つに日本人は葬儀にお金を掛けすぎるというものです。
実際にそうだと思うという応えが多く、出版物は相当数売れました。
葬儀が大型化した背景は歴史の中のちょっとした習慣が現代まで色濃く受け継がれているというものです。
故人を手厚く大人数で弔い、しっかりとした寺などで然るべき処置をしていただくのが当然、という風潮がいつのまにか浸透していきました。
この本はその歴史的な背景を明らかにして、小さな葬儀の意義を問うたのです。

再び選ばれはじめた小さな葬儀、家族葬

しかし大規模葬が段々重荷に感じられるようになりだし新たな視点の意見が浸透しやすくなりだしました。
ですがやはり故人をぞんざいに扱えないという意見は根強く、結局昔ながらの方法で事を進めることで時間は流れていきました。
しかし、昨今家族葬という言葉がまたメディアや書店の棚にある本などの表紙に大きく取り上げられるようになりだしました。
まったく馴染みのない人たちにしてみれば、とっても手を抜いたように感じられるものですが、歴史的な背景を知っていればそれほど抵抗はありません。
少子化が進み昔よりも叔父・叔母や従妹などが少なく、さらに集団就職などがなく大学進学などの率が上がってきている今の時代では、人間同士の関係も距離だけでなく希薄になっております。

親族を集めるにしても相当な労力なことから選ばれはじめました

年中行事での集まりも難しくなった今となっては、いつあるかもわからない葬儀にて、親族が揃うことはとてもとても難しくなっています。
葬儀を行うにしても昔とは別の視点で頭を悩ませることとなってしまいました。
血の繋がりがある親族でさえ、このような状況ですから、ましてやただの友人ともなると尚更困難なことです。
このようなことでは昔ながらの葬儀を執り行うのは経済面以上に至難んこと、このような事を見事克服し故人にも敬意を表することができる葬儀の形式が新たな形となって登場した家族葬なのです。

家族葬プラン記事一覧