家族葬なら馬場葬祭サービス

近年主流になった家族葬を含め、お得な葬儀プランを知識と共にご提案します。

日本人は家族葬に馴染めるのか

家族葬でも駆けつけてくる弔問客

家族葬とは、本来ならばごく遺族とごく近しい身内や友人のみに見送られながら執り行われるべき葬儀の形式であると考えられています。
昨今ではそのような形式での葬儀を希望される方が増えてきています。
しかし実際には職場関係者等の本来家族葬なら遠慮すべき関係の人が「やはり弔問に駆けつけないのも失礼にあたるだろう」などといった理由で駆けつけてしまうことが多く、想定される規模よりも大きくなってしまうことが間々あるようです。

密葬と家族葬の違いは本葬式があらためて行われるかどうか

密葬との違いは、密葬の場合は同じように遺族やごく近しい関係者のみで執り行われた後火葬され、後日改めて本葬式が行われることが多いことです。
有力者や著名人など多くの弔問客が訪れることが想定される方の葬儀に先駆けて行われるものが密葬です。
一方で規模が小さいことは共通していますが家族葬には本葬式はありません。
このこぢんまりとしたお葬式が全てです。
だからこそ、遠い関係の弔問客が訪れてしまうことがあるというわけです。

これまでの日本のお葬式の在り方が変わるかも知れません

本来、日本の葬儀は出来るだけ多くの弔問客が訪れ、盛大に執り行われる方が良いとされ、身内や友人知人、ご近所の方や、遺族の就業先関係者までが弔問に訪れることがあります。
したがって、生前面識があったか無かったかということに関係なく弔問客として訪れなければならない場面があるということです。
家族葬では、そういったことを希望せず、本人が把握している関係者だけに見送られたいという希望の方や、急な葬儀の準備や事後処理などで遺族に大変な思いをさせたくないという場合に希望される方が多い形式の葬儀です。
日本人の気質として、多くの場合において「少ないよりは多い方が失礼に当たらないだろう」とされることもあるため、家族葬という知らせを聞いた関係者が弔問を遠慮し難いという気持ちは理解出来ますが、これからの時代においては、その匙加減も変わっていくのだと考えられます。

家族葬プラン記事一覧