家族葬なら馬場葬祭サービス

近年主流になった家族葬を含め、お得な葬儀プランを知識と共にご提案します。

家族葬を選択する人が増えています

近年、選ばれている新しい葬儀のカタチ

家族葬は、家族を中心とした近親者のみの参列を重視した葬儀のことで、最近の葬儀の代表格になってきています。
会葬者への気遣いが要らず、故人との別れをおごそかに行えるので、この名前がつけられました。
新しい葬儀の形ですが、最近は家族葬を選択する人が多くなっています。
家族や親族・親しい友人のみの葬儀で、形式も宗教にこだわりません。

家族葬を行って良かったと思えるポイント

家族葬のいい点は、少人数の葬儀となるので、料理・返礼品など費用が節約できます。
大きな葬祭場を使わないので室料が安く済みます。
会葬者への対応に時間を取られないので、故人との最後の時間をゆっくり穏やかに送ることができます。
故人が亡くなったことだけでも心の負担となっている家族が、葬儀の準備や会葬者の対応で故人と別れの時間を取れなかった、今までの葬儀の反省点からこのような葬儀に変わってきています。
人数などがあらかじめわかっているので予算が確実立てられ、追加の費用などが出ることがありません。
今までの一般的な葬儀の半分以下に抑えることができます。

家族葬を行うときに困ったり問題となるポイント

家族葬の困った点は、故人本人の希望に添わない場合や、世間体や昔からの習慣を大事にする家族・親族から異なる意見が出ることがあることです。
昔からの習慣には、それなりの意味があり、それをないがしろにするという見方をする方もまだまだ多いので、まずは本人の希望を確かめてみてください。
以前はその方に自分の葬式について聞くことは非礼だったでしょうが、最近では自分の葬式についていろいろ考えていることも多いので、どのような葬式がよいのか、規模・知らせる人の範囲・どこで葬儀をしたいかなどを、聞いてみましょう。
本人・家族が家族葬で同意していれば、しめやかでおごそかな葬儀とすることができ経済的にも現在の情勢にあっている葬儀です。

家族葬プラン記事一覧